/
超音波診断イメージ

入院の時期

3Dによる鮮明な立体画像とその画像がリアルタイムで動く4D昨日で、赤ちゃんを実感してください。

3D による鮮明な赤ちゃんの立体画像とさらにその3D 画像がリアルタイムで動く4D 機能でより詳細な赤ちゃんの表情や仕草を観察することができ、今お腹の中にいる赤ちゃんを視覚的に実感することができます。

超高解像度の画像で、赤ちゃんの異常の有無や性別などを判定しやすい。

超音波装置そのものの解像度も高いので赤ちゃんの異常の有無などもより詳細に観察することが可能ですし、赤ちゃんの性別も判定しやすくなります。性別判定のご希望があればいつでもお尋ねください。ただし赤ちゃんの向きなどにより判定困難な場合がありますのでその場合はご了承ください。

超音波診断の撮影画像

当院で実際に撮影した動画と写真




写真クリックで拡大します

10w 12w 12w 13w
16w 19w 25w 28w
33w 35w 36w 40w


赤ちゃんの向きなどにより十分見えないこともありますので、その場合はご了承ください。

/
ページトップへ戻る