/

入院の日々

 さて前回ブログでは入院についてお知らせしたところ、応援メールをいくつもいただき本当にありがとうございました。
というわけで今回は入院経過中のお話。
 
予定通り7月初旬に入院し大手術だったようだが(全身麻酔だったので術中のことは話で聞いただけ)ドクターの皆様のおかげで無事終わった。
今はまだ術後管理のため入院療養(長くかかるのは予定通り)を続行中である。
 
最近やっと周りの状況にも目が届くようになってきた。といっても病院はコロナの影響で面会謝絶となり、自分自身も簡単に外に出られないので「リハビリですから動きましょう!」といわれても動く場所がほとんど無い。結局その生活のほとんどを病室で過ごすことになる。もともとインドア派だし、ほぼ連日雨が降っていたのでそこまで我慢できないわけではないがやっぱりもやもやする。
 
今は音楽聴いたり、本を読んだり、テレビをみたり、窓の外の景色を眺めて過ごすとらわれの身のような非日常生活が続いている。昼間っから病衣ばっかり着ていたら病人みたいな気持ち(病人なのだが)になるので時々私服を着て過ごして気分転換。
以前知り合いが入院されたときも入院してこんな病衣を着ていたら気持ちまで病気になってしまうと私服を貫いたりした気持ちがよく分かる。だれか着ていても気持ちが前向きになる病衣を開発してくれないか。
 
 さて外では蝉がじーじー鳴いてる。よし夏本番か!?と先週くらいから思っているがこの時期に来てまだ梅雨があけない。蝉たちも雨と雨の間で頑張って鳴いてる感じ。せっかくやっと土から出てきたんだろうにこれじゃ本気で鳴いて良いかどうか考え込んでるんじゃないのか?
 
入院中も世間ではずっとコロナ感染問題は続いており、それに加えてまた九州での水害・・・熊本は大丈夫か?久留米はここ数年毎年浸水被害に遭っているのではないかなどと心配はするが何もできず病室でやきもき。とくに豪雨災害まっただ中の頃は自分自身が今振り返ってみても「あんときは事によったらかなりやばかったんじゃないか?」という状況でそれどころではなかった。ドクターやスタッフの迅速、的確な対応で1週間くらいで最悪の状況から脱したがあれはきつかった。術直後のICUで一日過ごしたときもきつかったがそれ以上だったかもしれない。
 
しかしそのきついときでも食欲は何とかあったし(意地汚い?)のど元過ぎれば何とやら、そもそも過ぎたことをずっとくよくよ考えるのは性に合わないので(懲りない性格)これまでの経過含め結果的に一歩一歩ゆっくりと着実に前に向かって進んでいるならそれで良いか、というのが今の気持ち(術前貯蓄していた体重もちょうど消費されて良いところで安定してるし)さらに今回の入院で患者さんの気持ちも改めてよく分かった。非常に多くの得がたい経験をさせてもらってこれからの医師人生において大いに役立つ経験であったと思う。
 
 さて体調も落ち着くと気になるのはやはり病院のこと。
患者さんはみんな問題なく順調にいっているであろうか。加藤先生、スタッフも大変じゃないだろうかと言ったことが気になりほぼ毎日定期的に連絡は入れている。
いまのところ大きな問題も無いようでほっとする。
ただ電話をかけると忙しいときもあり、ちょっと今忙しいのでといわれ、そういうときは手短に確認したら早々に話し終わる。
ちょっとさびしい・・・
まあみんな良い働きをしているのであろう。
 
退院まではもう少しかかるようだが、しま産婦人科に帰ったら早く仕事復帰したいと思えるようになったのも元気になった証拠かな。(どうせすぐ仕事しようとしてもスタッフからたしなめられるような気がするが)
 
もうしばらく留守にしますが、早くみんなに会いたい気持ちでいっぱいです。もう少しお待ち下さいね。

ここだけのお知らせ

 コロナコロナで気がつくと今年のブログは新年の挨拶以来ずっとこの話題である。当院ではまだまだ制限は多いが出産立ち会いだけ一部解除し、少し皆さんの不安は解消されたようだ。
よかった。
また状況見ながら徐々に解除していこうと思う。
 
 さて、ここでいつもブログをみていただいている(そんなにずっとみてくれている方はおられないかもしれませんが・・・)賢明な読者の方であれば、
「あれ、この前ブログ更新されたばかりなのに今回は更新が早いぞ?いつもは月末なのに」
と思われたかもしれません。
はい、実はちょっと表のお知らせに出すにはちょっと恥ずかしいのでここでお知らせしたいことがありまして・・・
実は7月に自分自身が手術することになりました。
ブログでは昨年より病気で治療中であることは何となくお伝えしていました。
皆さんから本当に多くの心強い応援をいただき治療はこれまでの所なんとか順調でした。そしてこの度ついに手術することになり今回はしばらく入院、療養(7月いっぱいくらい)する事になります。もちろんその間の病院は加藤先生がしっかり守ってくれているので外来、お産などのご心配はいりません。僕自身も手術後に体重が減ってもよいように病気で減っていた体重もしっかり戻していましたので(戻しすぎだったか)8月には体調をみながら復帰しようと思っています。ご心配ご不便おかけしますが、あまり心配なされないようお願いいたします。(この辺のことははっきり言わないと色々間違ったうわさが流れてもいけませんので)
多分7月のブログも調子よければ書こうとは思っていますのでまた追って経過報告はさせていただきます。
 
それではまた

緊急事態宣言解除

 新型コロナウイルス感染に対する緊急事態宣言が全国で解除された。
閉塞した息苦しい生活からやっと開放されると安堵する一方、必ず第2波は来るといわれておりまだまだ安心は出来ない。世間の人々は今後も当分の間、新しい生活様式を模索しながら日常を取り戻す事になりそうだ。
 
 当院も緊急事態宣言後より面会、立ち会い、里帰り分娩などで皆様には大変なご不便とご心配おかけして申し訳ありませんでした。皆さんから診察の度に再開についての問い合わせが頻繁にあり、出来るだけ早く戻してあげたいという思いもあり心苦しく思っていました。
緊急事態宣言解除を機にまだまだ慎重にではありますが徐々に制限を解除していく予定です。近日中にお知らせしますが、今後の情勢もみながら段階を踏んで徐々に戻してい来たいと思いますのでよろしくお願いします。
 
 さて様々な解除がなされている中、やっと戻ってよかった〜と思うのは学校が再開したことだ。こんなに長い間(ふだんの夏休みより長く!)子供たちがずっと家にいるというのはほんと大変!(まあ特に大変だったのはほとんど嫁だったのだが)
巣ごもり生活も長期化してくると規則正しかった(?)生活はみだれてくるし、みんないらいら、もやもやとしてくる。友達と会えばすこしは良くなるかな。
ただ自宅で長期間巣ごもるというつらい状況でもかならず良いことはある。
今回の場合、子供達が今の時期にこんなに長く家で一緒に過ごせたことが長い目で見ると兄弟の結束を高める良い経験になったであろう事だ。
うちの子供らは今年の4月から各々通う学校がばらばらになり、普通ならそれぞれ勉強、クラブ、友達のことで各々忙しくなってくるはずだった。それ以前から一番上もすでに県外に出ていたし、外出できていた頃は各々の趣味趣向も違うので、徐々にばらばらになり始めてはいた。
しかし、コロナによる巣ごもり生活は長く家に居続けるという特殊な環境であるが為、夕食はほぼ毎日全員でワイワイ言いながら食べたし、ゲームなんかも子供達がお互いの能力を測りながらの協力プレイでみんな盛り上がる時間が過ごせた。こんな一体感を家族全員で共有できたのは本当に貴重な経験だったと思う。この先みんな大人になって離ればなれになってもずっと心の中で仲良くつながってくれたらうれしい。
 
 さて学校再開するがそういえば入学以降ほとんど行ってない。
出がけに「道に迷うなよ!」なんてやりとりを冗談まじりで声をかけると
「忘れるわけないじゃん!」と返事。
でも実は冗談ではなく少し心配が・・・
というのも自分は筋金入りのひどい方向音痴なのである。
 
 宇部にいた頃は行動範囲も狭かったので間違っても大きな問題とは思っていなかった。
大学に入り久留米に住むことになった時も新たな土地では土地勘もないのでやはり道に迷ってもそんなもんだと思っていた。そもそも道を尋ねて「この道を西の方へ」とか「筑後川方面へ」と言われたって分からないではないか。
しかし自分の方向音痴は人よりひどいんじゃないかと自覚しだしたのは医師になってからである。
産婦人科の新人医師はお産の当直なんてまだ出来ないから子宮がん検診に行くことがメインになる。4月になると筑後中心に数多くの公民館で癌検診が行われるので色々な町に自家用車で行かせてもらうことになる。これはこれで楽しくはあった。
通常日程が決まると健診の会社から地図が届くのだがこれが手書きだったりする。
ツボを押さえた地図だと推測されるがこの地図が自分には読めなかったらしい。一応行く前に行ったことのある同僚に聞くと「そんなに難しくないよ」とさらっと説明され自分なりにも場所を理解したつもりになる。
しかし実際現場に向かうと本当によく道に迷う。2回に1回は道に迷っていたと思う。
ただほとんどは時間内にたどり着いていたので大事には至っていなかったが、時間ぎりぎりになりどきどきしながら地図とにらめっこで必死にたどり着くといったこともよくあった。でもこれ程度のくらいは他のみんなも迷ってるもんだと思っていた。
 
しかしある日の癌検診にて
いつも通り早めに出たがやはり初めて行く健診場所に四苦八苦。
ただ今回はいつもと違い途中から本当に見当が付かない!
慌てると曲がる道を通り過ぎるし、道は通勤時間で混んでるから簡単に戻れない。しょうがないからこの辺で曲がって戻れば目的地に近づけると思ってさらに深みにはまってしまった。
そのときはすでにコンビニとかで聞いたけどさっぱり理解できず。
そろそろ遅刻しそうになるので大学医局から連絡取ってもらい検診の会社から連絡。
改めて今いる場所を説明し、指示を仰ぐがやっぱりどうしても地図の位置と教えてもらう場所が理解できない!
そしたらついに担当者が
「電話で先生の今いる場所は分かりました。
そこから動かないでください!、迎えに行きます。」
結局来てもらった車に誘導されて健診場所へ。怒られはしなかったが多分相当大分あきれられたであろう。このときに大分懲りたのでかなり慎重にはなったが、実はまだひどいエピソードはいくつもあったりする・・・
その後ほどなくしてカーナビというものが出て、高かったが生活必需品だと思ってすぐ買った。この重度の方向音痴はうちの子の誰かに受け継がれいるはずだ。

コロナ、巣ごもり、新年度

 さて新年度に入っても兎も角コロナが大変である。里帰り制限や面会やお産立ち会いなどで患者さんには本当にご不便をおかけしていることを申し訳なく思います。解除や再開などあればそうそうに対応しようと思いますのでもうしばらくご協力よろしくお願いいたします。
 加藤先生が来てくれてそろそろ一ヶ月。病院にもはや慣れて大活躍である。性格通りしゃべり方や応対も穏やかで優しいので多分人気も出るであろう。加藤先生の人となりを知ってもらう意味でブログ書いてもらった。前回(4/6)のブログは彼のだが遠慮しすぎて当たり障りのない文面になってしまいこれでは誰のか分からない。もう少し彼と分かる内容でまたちょこちょこ書いてもらおう。
 自分は去年病気を発症して以来ずっとほぼ巣ごもり生活継続中であり、外出制限がかかる昨今の状況でも特に大きな不自由は感じないが、やはり健康な人達にとっては春に入ってこんなに毎日天気も良いのに家にこもる生活を続けるなんて大変だ。うちの子供達も毎日うちにいて流石に少しいらついた感じ、嫁はおつかれ気味。
病院はどんどん変化していく最新の情報に注意を払いながらスタッフ総動員で感染防止に奮闘し少しおつかれ。そういえば当院の開業6周年記念も中止のまま予定も立てられないままだったし何かするか。そこで少しでもみんなの活力になればと最近全国でもどんどん広がりを見せているお店のtake outをお願いしよう。これまでされていなかったちょっと高級なお店もtake outを始めており、どうせならと少し奮発して注文だ〜!先日みんなでお昼に食べました。
「いや〜、おいしい!すごいよかった〜」多分本当はもっと値段するものを特別価格で売り出しているのだろう。みんな満足、笑顔も出てこれでちょっとは元気になったかな。
「先生これ来週もありますか?」
いやいやこれを毎週はちょっと・・・

ありがとう久留米大学産科婦人科学教室 よろしく加藤先生

 そろそろ新年度を迎え桜も咲き始め気持ちも新たに張り切っていきましょう〜!
・・・のはずだがコロナウイルスの勢いが止まらない。日本の感染拡大もひりつくようなきわどい状況で予断を許さない状況が続く。長らく外出禁止が続くためややもすると気持ちが緩みかけるような状況もみられたが、志村けんさんという僕らの年代から今の子供の世代まで幅広く知られ直前までテレビでも活躍されていた偉大な喜劇人が逝去され、改めてウイルスの感染拡大を抑制しなければならないという気持ちを新たにした。
 
 学会、研究会は軒並み中止され、歓送迎会も中止、簡素化されている。それでも去って行く人、新しく来る人はある。
当院もこれまで久留米大学より代診医師を1年以上派遣してもらい本当に本当に助けられた。もしこの助けがなければ当院を維持していくことは不可能だったかもしれない。そしてみんな一緒に仕事してきた後輩が(先輩が来てくれたのもうれしかった)立派になって仕事してくれて、とても心強かった上に色々な今の話を一杯聞かせてもらって楽しかった。3月いっぱいで派遣終了するのはとっても寂しいが、やはりずっとというわけにはいかない。
ありがとう久留米大学産科婦人科学教室、僕はこの教室の教室員であったことを大変誇りに思います。教室がこれからもますます発展されることをお祈りいたします。
 
 そして4月からは新たに当院で常勤医として仕事してくれる加藤先生が来てくれることになった。実は高校、大学、そして産婦人科で僕の後輩となる。彼も福岡で長く勤務医として仕事してきて、特に不妊の分野で活躍してきたので、宇部でも不妊分野を中心にがんばっていく予定である。詳細はホームページの挨拶をみてもらうと良いが、彼もとても宇部愛が強く、やっと地元に帰ってきてやる気満々のようなので何卒よろしくお願いします。
 
僕も新年度に入り治療はこれからがまた正念場となりそうですが、順調にこのままがんばっていきたいと思います。
しま産婦人科をこれからもよろしくお願いいたします。

新型コロナウイルス

 今年は暖冬だと言われ凍えることもなく令和2年の2月はブログはゆったり、まったりな感じでいこうかな
さて何を書こうか…
と思っていたらとんでもない!!中国から報告された新型コロナウイルスが一気に感染拡大し、世界的な問題となりつつある。国内感染も拡大が日を追う毎に大々的になっており、これは悠長なことを言ってる場合ではなくなってきた。
国はついに全国の小中高,特別支援学校などに休校要請が出た。突然の発表だったこともあり現場も大混乱で賛否両論色々あるようだが、兎も角今回のこの感染対策について国が本気を出しているということか。
 山口県内は幸い今のところ感染者はみられないが、まだまだこのままで済むかは分からない。当院ももちろん院内感染防止について対応を開始した。外来、入院患者様やそのご家族の方にはご迷惑おかけす事もあるとと思いますが、何卒ご協力の程よろしくお願いします。これからどうなっていくんだろうという漠然とした不安が報道をみるたびジワジワとこみあげてくる。この2週間が感染拡大における最も重要な時期と言うこともあり、職員一丸となって情報収集や日々の感染対策はしっかり、迅速に行っており冷静に行動することが大事だ。
 新型コロナウイルス感染に関してはスタッフから「先生こそは(治療中で)特に注意が必要なんですからね!」と念をおされ、ハイと返事。
個人的にはまた一つ年を取ったが(ぎりぎり閏日ではない)この一年はこれまでに無く年を取れたことがうれしい。また一つ一つ年を取れるようがんばる。

令和2年

 新しい年を迎えた。そして昨年病気が判明してからちょうど1年が過ぎた。まだまだ治療は継続中だが治療や体調も順調に回復しており本当に良かった!ここまでの道のりはすごく長かったような気もするし、短かったような気もするが、感慨深いものがある。これも皆さんの応援があったおかげと思います。ありがとうございます。
 今回病気になって良かったこともある。
無理をしなくなったのですっかり憑き物が落ちたように楽になった。大学勤務時代はかなり精神的に追い込まれていたが体力には自信があったし、無理をしないことは手を抜くように思えてイヤだったので相当無理をしていた。宇部で開業をはじめる準備はまた大変だったが開業すると精神的にはかなり楽になったのでこれなら大丈夫と思っていた。しかし今思えばそれでも無理をしていたのかもしれない。無理しない理由もあるのでこれからもこのくらいのペースでいこう。
 病気になってもう一つ良かったこと。
今まで当たり前だと思っていたことがとてもありがたく、楽しいことなんだなって実感出来るようになったことだ。診療を普通に出来ること、患者さんと外来でたわいない話をしたり、お産の時に励ましながら無事出産に立ち会えることが素直にうれしい。またほとんど外出しないので病院と家の往復だが家で普通に食事して子供達や嫁とたわいもない特に代わり映えの無い毎日を過ごすことがとてもいとおしく感じる。楽しいことを求めて色々刺激的なことはなくってもこうやって一日一日が十分満ち足りた気持ちになれるようになった。
 この一年で自分の人生観はものすごく大きく変わったし、人間的にも一皮むけた気がする。
一皮むけたと言うことで1月に入ったしイメチェンした自分をもう隠さずにいこうと診療中はマスクだけにした。さて、患者さんからなんと言われるのだろうかと期待してみたが・・・これが全く、誰も、何も、言われない。ちら見されたり、会話がおざなりになったりするが最後まで何もなかったかのように診療終わって出て行かれる。職員は数日で見慣れたそうですし別に気は遣われなくて良いですよ〜。
というわけで今年も治療に診療に今のペースでがんばりますのでよろしくお願いします。

年末のご挨拶

 今年も例年通り病院の忘年会は開催した。今回はゲストは無しにしたので身内だけでこぢんまり、といってもスタッフの子供たちは呼んだのでやっぱり派手に楽しく盛り上がった。
それにしても昨年の忘年会の時には今年一年が自分の病気でこんな事になるとは思ってもみなかった。しみじみ今年も忘年会出来て良かった〜と思う。
 思えば今年の初めはさてどうなっていくやらと思いつつ、手探りのなか治療しながらの病院運営だった。最初は体力低下と治療でよれよれしていたが本当に本当にいろんな方からお見舞い、連絡をいただき、励まされてたくさんの力をもらいました。
 久しぶりの患者さんが来院して診察室に入ってくるなり「大丈夫ですか?」と心配して聞かれ、顔をみて安心して帰って行かれたり、産後一ヶ月の患者さんか「次も妊娠したら来るからしっかり続けてくださいね」と励まされたり。このブログでも励ましの言葉はたくさんいただき、さらに当院では出産された患者さんからアンケートをいただくが、そこにも非常にたくさんの励ましのお言葉。一人一人の言葉が大きな力になっています。ありがとうございます。
今は体重も元に戻り(戻しすぎ)診療も分娩、手術含め普通にやってます(治療後や体力的に全部は無理ですが)。
 まだまだ治療は続くので色々あるとは思いますが、今の調子で来年もがんばるつもりです。 (無理しないようにはします)スタッフ一同盛り上げていきたいと思いますのでこれまで同様よろしくお願いします。

おやすみ

 さてさて日に日に寒さが増してきて患者さんもぼちぼち風邪をひいてこられる。宇部は早くもインフルエンザの流行期に入り始めているようですので皆さんお気を付け下さい。
自分は今も定期的に治療しながらなので体調管理には十分注意しながら過ごす毎日。まあそれでも治療の影響で途中体調が悪い日がどうしても出てきてしまう。(あ、でも治療は順調なのでご心配なく)
 今もずいぶん減らしているが代診の先生に外来をお願いしたりする日はまだまだ続くかな。(僕が外来の日は受付に掲示してます。)皆さんに申し訳ない気持ちと、でもどうしようもない身体の事情と葛藤しつつ、みんなからも無理はしないで休むときは休めと言われ言うとおりにしている。
 しかしこの休んでいるときの気持ちってナンだろう・・・そう
子供の頃風邪をひいて学校を休んだときの気持ちに似ている。ある朝起きると顔が火照って頭がくらくらし身体もだるい。親から風邪だから今日は休みなさいと言われ、薬を飲んでまた布団で寝る。学校に行かず家で寝ている罪悪感が少し湧いてくるが今日は一日休みと言われるのでおとなしく布団の中にいて天井の木目をぼ~っと眺めながら色々な夢うつつの妄想をしながら過ごす。
 テレビは見れないけどラジオは聞いて良いといわれ聞くともなく聞いていると、(昔から母親の影響でラジオは良く聞いてたな)「で~てこい  で~てこい で~てこい(どんどん)で~てこい  で~てこい で~てこい(どんどん)お話でてこい、お話でてこい、どんどこどんどこ でてこいこい」あの頃は佐野浅夫さんがやっていたラジオ番組「おはなしでてこい」。この番組だけ少し意識が集中されて非常に印象に良く残ってる。風邪の時良く聴いた記憶がある。
そのうち薬も効いて汗びっしょりかくと熱が冷めて落ち着いていく。ふと体調が戻ったとき心と身体がほっとする。
 まあこれからもまだしばらくこんな調子が続くがみんなの優しさもうれしいのでイヤな感じではない。でもちょっとずつ元通りになれるようがんばります。

秋の夜長

 病気してから疲れやすいので外に出ない、遠出しない、今まで出ていた様々な会合にも出ない。そもそも出不精な性格で家でゆっくりするのが好きな上、開業してから遠出しなかったのに更に出なくなってしまった。
「これでは働く引きこもりではないか!」
と思い、出来るだけ休みは出るようにしてるがやっぱりまだ長時間は無理のようだ。
結局インドアを充実させることになる。
 音楽鑑賞はブログにもちょこちょこ書いている通り好きなので良く聴いているが毎日ずっとでは飽きてしまう。(割と飽きやすい)本も昔は割と読む方だったが文字を読む集中力がないのでしばらく読んでない。テレビはニュース以外あまり見ない。
しかし!そんな中で最近はまっているのが動画配信サービスだ。特に海外ドラマ。テレビドラマ等はオンタイムでほとんど見るのは大変だし録りためてもなかなか見ない。動画配信は定額でいつでも膨大な動画を見ることが出来る。
 これまではお産で動けないとき映画を見たりはしていたが一本が長いので途中でやめられない。でも海外ドラマは一本が短いので体調に合わせて調節しやすい。
先ずどれを選ぶかだが量、質ともとてつもない数のドラマがあり、悩んでしまって困るくらいだ。どうせなら全く現実世界と違う世界に連れてってくれる荒唐無稽な方がおもしろかったりするが、あんまり毎回はらはらしすぎるのも落ち着かない。ただやはり見続けるかどうかの最大のポイントはその世界観と出演するキャラクター達を気に入るかどうかだ。評価の高いドラマの方がもちろんおもしろいものが多いが、B級っぽいものでもはまるとそっちの方がおもしろかったりするから題名やあらすじだけでは分からない。
できるだけ先入観無しで見始める方が感動や驚きも多いのでとりあえずざっくり選んでそこから絞り込む。だいたい最初の1、2話見れば「これはよさそう」とか「う~ンついていけない」って言うのが分かってくる。
 ドラマの醍醐味は意外な展開やちょっとした違和感に対して「え~、そうなっちゃうの?」とか「いやいやそりゃないだろう」なんて嫁とたわいない突っ込みを入れつつ見ること。数多く張られた伏線もうまく回収されててうまいなあと思うこともあれば割と適当に切り捨ててさっさと次に進んだり、勢いで乗り切ったりすると「おいおい」と突っ込みは入れながらそのいい加減な世界観に慣れるとこれもまた良くなってくる。
 また色々なドラマを見ていると「あっ、この役者さんはあのシリーズにも出てた」とか、吹き替えの声から「おお、これはあのドラマに出てたあの役の声優と一緒だ」なんていうことも気がつくとうれしくなる。
 さらにシリーズ最初からは調べないようにしてるがしばらくシリーズ見てからネットを見ると色々情報が出てくる出てくる。なるほどあの役者さん途中しばらく見なかったのは妊娠してたのかとか色々話は広がっていく。
基本完結したものを見ているので何日もかけて一気に見ていく。(一気に見ないとストーリーやキャラクターを忘れそうになるというのもあるが)終わりが近づくと盛り上がりつつ、ちょっと寂しくなり同時に次は何を見ようかまた探し始めてしまう。
これは当分やめれないな。

/
ページトップへ戻る