/

令和2年

 新しい年を迎えた。そして昨年病気が判明してからちょうど1年が過ぎた。まだまだ治療は継続中だが治療や体調も順調に回復しており本当に良かった!ここまでの道のりはすごく長かったような気もするし、短かったような気もするが、感慨深いものがある。これも皆さんの応援があったおかげと思います。ありがとうございます。
 今回病気になって良かったこともある。
無理をしなくなったのですっかり憑き物が落ちたように楽になった。大学勤務時代はかなり精神的に追い込まれていたが体力には自信があったし、無理をしないことは手を抜くように思えてイヤだったので相当無理をしていた。宇部で開業をはじめる準備はまた大変だったが開業すると精神的にはかなり楽になったのでこれなら大丈夫と思っていた。しかし今思えばそれでも無理をしていたのかもしれない。無理しない理由もあるのでこれからもこのくらいのペースでいこう。
 病気になってもう一つ良かったこと。
今まで当たり前だと思っていたことがとてもありがたく、楽しいことなんだなって実感出来るようになったことだ。診療を普通に出来ること、患者さんと外来でたわいない話をしたり、お産の時に励ましながら無事出産に立ち会えることが素直にうれしい。またほとんど外出しないので病院と家の往復だが家で普通に食事して子供達や嫁とたわいもない特に代わり映えの無い毎日を過ごすことがとてもいとおしく感じる。楽しいことを求めて色々刺激的なことはなくってもこうやって一日一日が十分満ち足りた気持ちになれるようになった。
 この一年で自分の人生観はものすごく大きく変わったし、人間的にも一皮むけた気がする。
一皮むけたと言うことで1月に入ったしイメチェンした自分をもう隠さずにいこうと診療中はマスクだけにした。さて、患者さんからなんと言われるのだろうかと期待してみたが・・・これが全く、誰も、何も、言われない。ちら見されたり、会話がおざなりになったりするが最後まで何もなかったかのように診療終わって出て行かれる。職員は数日で見慣れたそうですし別に気は遣われなくて良いですよ〜。
というわけで今年も治療に診療に今のペースでがんばりますのでよろしくお願いします。

年末のご挨拶

 今年も例年通り病院の忘年会は開催した。今回はゲストは無しにしたので身内だけでこぢんまり、といってもスタッフの子供たちは呼んだのでやっぱり派手に楽しく盛り上がった。
それにしても昨年の忘年会の時には今年一年が自分の病気でこんな事になるとは思ってもみなかった。しみじみ今年も忘年会出来て良かった〜と思う。
 思えば今年の初めはさてどうなっていくやらと思いつつ、手探りのなか治療しながらの病院運営だった。最初は体力低下と治療でよれよれしていたが本当に本当にいろんな方からお見舞い、連絡をいただき、励まされてたくさんの力をもらいました。
 久しぶりの患者さんが来院して診察室に入ってくるなり「大丈夫ですか?」と心配して聞かれ、顔をみて安心して帰って行かれたり、産後一ヶ月の患者さんか「次も妊娠したら来るからしっかり続けてくださいね」と励まされたり。このブログでも励ましの言葉はたくさんいただき、さらに当院では出産された患者さんからアンケートをいただくが、そこにも非常にたくさんの励ましのお言葉。一人一人の言葉が大きな力になっています。ありがとうございます。
今は体重も元に戻り(戻しすぎ)診療も分娩、手術含め普通にやってます(治療後や体力的に全部は無理ですが)。
 まだまだ治療は続くので色々あるとは思いますが、今の調子で来年もがんばるつもりです。 (無理しないようにはします)スタッフ一同盛り上げていきたいと思いますのでこれまで同様よろしくお願いします。

おやすみ

 さてさて日に日に寒さが増してきて患者さんもぼちぼち風邪をひいてこられる。宇部は早くもインフルエンザの流行期に入り始めているようですので皆さんお気を付け下さい。
自分は今も定期的に治療しながらなので体調管理には十分注意しながら過ごす毎日。まあそれでも治療の影響で途中体調が悪い日がどうしても出てきてしまう。(あ、でも治療は順調なのでご心配なく)
 今もずいぶん減らしているが代診の先生に外来をお願いしたりする日はまだまだ続くかな。(僕が外来の日は受付に掲示してます。)皆さんに申し訳ない気持ちと、でもどうしようもない身体の事情と葛藤しつつ、みんなからも無理はしないで休むときは休めと言われ言うとおりにしている。
 しかしこの休んでいるときの気持ちってナンだろう・・・そう
子供の頃風邪をひいて学校を休んだときの気持ちに似ている。ある朝起きると顔が火照って頭がくらくらし身体もだるい。親から風邪だから今日は休みなさいと言われ、薬を飲んでまた布団で寝る。学校に行かず家で寝ている罪悪感が少し湧いてくるが今日は一日休みと言われるのでおとなしく布団の中にいて天井の木目をぼ~っと眺めながら色々な夢うつつの妄想をしながら過ごす。
 テレビは見れないけどラジオは聞いて良いといわれ聞くともなく聞いていると、(昔から母親の影響でラジオは良く聞いてたな)「で~てこい  で~てこい で~てこい(どんどん)で~てこい  で~てこい で~てこい(どんどん)お話でてこい、お話でてこい、どんどこどんどこ でてこいこい」あの頃は佐野浅夫さんがやっていたラジオ番組「おはなしでてこい」。この番組だけ少し意識が集中されて非常に印象に良く残ってる。風邪の時良く聴いた記憶がある。
そのうち薬も効いて汗びっしょりかくと熱が冷めて落ち着いていく。ふと体調が戻ったとき心と身体がほっとする。
 まあこれからもまだしばらくこんな調子が続くがみんなの優しさもうれしいのでイヤな感じではない。でもちょっとずつ元通りになれるようがんばります。

秋の夜長

 病気してから疲れやすいので外に出ない、遠出しない、今まで出ていた様々な会合にも出ない。そもそも出不精な性格で家でゆっくりするのが好きな上、開業してから遠出しなかったのに更に出なくなってしまった。
「これでは働く引きこもりではないか!」
と思い、出来るだけ休みは出るようにしてるがやっぱりまだ長時間は無理のようだ。
結局インドアを充実させることになる。
 音楽鑑賞はブログにもちょこちょこ書いている通り好きなので良く聴いているが毎日ずっとでは飽きてしまう。(割と飽きやすい)本も昔は割と読む方だったが文字を読む集中力がないのでしばらく読んでない。テレビはニュース以外あまり見ない。
しかし!そんな中で最近はまっているのが動画配信サービスだ。特に海外ドラマ。テレビドラマ等はオンタイムでほとんど見るのは大変だし録りためてもなかなか見ない。動画配信は定額でいつでも膨大な動画を見ることが出来る。
 これまではお産で動けないとき映画を見たりはしていたが一本が長いので途中でやめられない。でも海外ドラマは一本が短いので体調に合わせて調節しやすい。
先ずどれを選ぶかだが量、質ともとてつもない数のドラマがあり、悩んでしまって困るくらいだ。どうせなら全く現実世界と違う世界に連れてってくれる荒唐無稽な方がおもしろかったりするが、あんまり毎回はらはらしすぎるのも落ち着かない。ただやはり見続けるかどうかの最大のポイントはその世界観と出演するキャラクター達を気に入るかどうかだ。評価の高いドラマの方がもちろんおもしろいものが多いが、B級っぽいものでもはまるとそっちの方がおもしろかったりするから題名やあらすじだけでは分からない。
できるだけ先入観無しで見始める方が感動や驚きも多いのでとりあえずざっくり選んでそこから絞り込む。だいたい最初の1、2話見れば「これはよさそう」とか「う~ンついていけない」って言うのが分かってくる。
 ドラマの醍醐味は意外な展開やちょっとした違和感に対して「え~、そうなっちゃうの?」とか「いやいやそりゃないだろう」なんて嫁とたわいない突っ込みを入れつつ見ること。数多く張られた伏線もうまく回収されててうまいなあと思うこともあれば割と適当に切り捨ててさっさと次に進んだり、勢いで乗り切ったりすると「おいおい」と突っ込みは入れながらそのいい加減な世界観に慣れるとこれもまた良くなってくる。
 また色々なドラマを見ていると「あっ、この役者さんはあのシリーズにも出てた」とか、吹き替えの声から「おお、これはあのドラマに出てたあの役の声優と一緒だ」なんていうことも気がつくとうれしくなる。
 さらにシリーズ最初からは調べないようにしてるがしばらくシリーズ見てからネットを見ると色々情報が出てくる出てくる。なるほどあの役者さん途中しばらく見なかったのは妊娠してたのかとか色々話は広がっていく。
基本完結したものを見ているので何日もかけて一気に見ていく。(一気に見ないとストーリーやキャラクターを忘れそうになるというのもあるが)終わりが近づくと盛り上がりつつ、ちょっと寂しくなり同時に次は何を見ようかまた探し始めてしまう。
これは当分やめれないな。

夏から秋へ

 夏休みも終わり、まだまだ9月も残暑厳しと思っていたが、最近なんだか朝晩涼しい。
あれ、もう秋か。そしてこの連休中は宇部でも多くの小学校で運動会が予定されていたが台風の影響で各小学校もてんやわんや。こればっかりはしょうが無いが主催者は気が気では無かったであろう。うちの子の小学校も何とかずらして無事運動会は開催されよかった。
 そんなこんなで日常生活も無理せずまったりと普通にもどし、体調は今のところ安定しているので外来もできるだけ出るようにしてる。でも時々タイミングが合わない方もおられるて、最初からずっと代診の先生が診ていてしばらく経って初めてお会いすることもある。
「初めまして、院長の林です。」と挨拶したりしてなんだか妙な感じ。でもその方が前もうちでお産された方だと、おたがいにっこり笑って喜びもひとしお。こっちもうれしくなる。
全く診察しない曜日はほとんど無いように努力しておりますのでご了承ください。
分娩予約してないんじゃないか噂もあったりしますが、いえいえこれまで通り受け付けていますよ。
治療しながらなので顔の発疹がなかなか治らずお見苦しいのが申し訳ない。それでも皆さんはすぐ見慣れるのか、大人の気遣いか、なにも言われないので自分もそこまで気にしていなかったが、先日子連れの患者さんが診察室に入室。お母さんは内診へ入られしばらくの間診察室には子供さんと僕の二人きり。僕がカルテ記載しているとなにやら子供さんの刺すような視線が?!?
そしてボソッと一言「蚊にいっぱい噛まれちょる・・・」
えっ!?あっいやいやこれでも良くはなってるんだよ〜と言い訳しつつ、なるほど子供さんにはそう見えるのか。

イメチェン

 そろそろ8月も終盤、子供達の夏休みもそろそろ終わり。暑い日は相変わらず無茶苦茶暑いが,最近雨が多いのでやや過ごしやすい。湿気の方がつらいかな。
 自分の病気は今のところ治療で順調に治ってきている。さらに体調管理で生活習慣におおいに気を遣うようになったおかげでしっかり食べつつ体重は標準体重でキープされている。この体重は確か高校の頃と同じじゃないかな。柔道やってて個人戦は軽重量級に出てたので覚えてる。自分から見ても身体がすっきりしているのがわかる(特におなか周り)。まあ今までいかに不摂生してたかって事をあらためて自覚できる良い機会だったと考えよう。
 問題は今も続けている治療の副作用である。これがなかなかに折り合いを付けるのが難しい。診療やお産もやれる日はかなり増えてきている。全部自分で出来るようになると良いのだが治療で体調がいまいちの日はどうしても代診の先生にお願いすることになる。これだけはまだしばらく焦らず無理せず、出来るところからということか。
 それともう僕を見られた方はご存じと思いますがだいぶ風貌が変わりました。(どんな風に変わったかは実際見てもらうと分かります。)以前の僕をご存じの方は来院されて僕をみると一瞬「あらっ」と思われる。でも診察が進んで行くにつれ僕がいつも通りに対応していくので慣れてきて、帰るまでにはいつもの雰囲気に戻られる。僕としてはすでに自分の姿に見慣れ過ぎてしまってあまり気にならないし、こんな風にイメチェンをしよう思ったことはこれまで一度もなかったので珍しくておもしろいし結構気に入っている。ただ顔のニキビはいただけない。これも薬の影響で徐々に良くなっては来ているのだがなかなか時間がかかる。更に最近甘いもの食べたくってこれがまた治りを遅くしているような・・・・。まだまだ自制せねば。それとひげは肌荒れのため剃れなくてのびてしまっています。ちょこちょこ処理はしてるのですがお見苦しいと思われた方はすいません。
こんな感じで中身は全く変わっておりませんのでこれまで通りよろしくお願いします。

梅雨明け

 大雨がしばらく続いたが晴れとなったとたん梅雨は終わって夏本番。暑い!
治療は順調だが体調が万全でない身にとっては体調管理を更に厳重に行わねば、ということで代診の先生方には来月も引き続きお願いしている。でも月曜、木曜の午前は定期的に僕が診察に出て普通に診療は出来るようになってきていてるし、代診の先生が予定の日でも体調が良ければ不定期ながら外来には出るようにしている。
やはり予定外の外来に出ると久しぶりに会う妊婦さんもいて診察室に入ってこられると最初「はっ」とされ、でも会って僕が普通に診療はするのでそんな姿をみて皆さん安心されるので診察できて良かったと思う。
 そうやって診療していると以前当院でお産された方々が結構久しぶりにちょこちょこ婦人科診察で来られたりする。割とそういう人が続くな〜と思ってたが、「お元気ですか?」「大丈夫ですか?」と聞かれたり、涙ぐまれたりする方もおられる。しばらくして、あ〜、みんな僕のことを心配して顔見に来られたんだと気がつく。
いや本当に申し訳ない、どうやら噂も色々流れてるようで・・・
これからも細く長くで続けていくつもりなのでよろしくお願いします。

YMO

 ここしばらく雨の日が増えて梅雨入り?ん、まだしていないか?どうか分からないが暑さが少し和らぐと助かる。自分の体調は今も順調に良くはなっており外来、お産はだいぶするようになった。治療しながらなので体調がいまいちの時もあるが、やはり顔見せるようにしないと皆さん心配されるので、調子が良い日はなるべく診療に出るようにしている。
 さてそうなってくると普段の生活も外に出るかというと日差しの強い日に外に長く出るとすぐばてる。まあ元々病気前から仕事の関係であまり日中は外に出なかったこともあり日差しに弱かったりするのだが・・・。屋内施設をぼちぼち渡り歩くくらいだ。
じゃ屋内でできることはといえば、音楽を聴くこと。音楽鑑賞は子供のころから好きだ。最近は昔よく聴いていたアルバムのリマスタリングとかハイレゾ化が出てきてあの頃聴いた曲がどんな音になるんだろうと買ってみた。今時は曲もネットで購入してダウンロードするだけ。すぐ聴けるのはとても良いが少し拍子抜けする。
 昔このアルバムを購入したのは今もあるけど新天町のレコード店だった。当時は中学生だったのでもちろんLP。そんなに情報源も知らず、いつ、どんな新譜がリリースされるかなんてこともよく分かってなかった。ただ当時ライディーンなど聴いてすごいと思い、YMOが買いたいとレコード店へ行った記憶がある。そのとき店頭に置いてあったのは「テクノデリック」。アルバムの表紙がメンバーみんな白塗りでホラーっぽいのりで・・う~んこれはちょっとといった印象だったがそれしかなかったので購入した。聴いてみると一曲一曲のクオリティやアルバムとしてバランスなど完成度が高く聴けば聴くほど魅了されていってお気に入りとなった。その後もかなり繰り返し聴いたもんだ。
 今回早速久しぶりに聴いたが、あ~やっぱいい。繰り返し聴いてもいい。あの頃分からなかった細かい音もクリアになり、新しい発見がいっぱいあった。同時期に発売された「BGM」に比べるとランキングは低いようだが「テクノデリック」最高。
といった具合に音楽が楽しめるのも体調が戻ってきたおかげかな。ありがたい。
さてもう少しすると夏本番。体調管理に注意して診療がんばろう。

令和元年となって

 さて年号も令和となり、令和生まれの赤ちゃんが次々と産まれていく。元号以外何も変わったわけではないが新年、新年度とは違う新鮮さがある。証明書の日付も準備はしていながら最初は戸惑ったが慣れてきた。
 新年度の効果は自分にとっても体調に影響して来ていると思う。だからというわけでもないがこの10連休中より分娩、また連休明けから外来と、もちろん全部ではないが1週間のうち数日の外来を定期で自分がやることにした。もちろん無理はしないし(みんなからずっと言われる)、まだしばらく代診の先生にお願いするところは多々あるが、定期以外の外来も出来るところは出てみようとし始めたところだ。
 実際始めてみると割と無理なく出来ているので体調、体力も戻っているって事なのかな。今まで出てなかった曜日の外来に数ヶ月ぶりの診察にでてみると休み初めて以降1回もお目にかかっていない患者さんも結構いて本当にお久しぶりである。ちょっと驚かれるが、いつもの外来をいつも通りすると徐々に落ち着いてくる。
 まだまだ先の見込みはそう遠くまで見通せていないが、分かってきたところからゆっくりと、そして細く長くやっていこうと思う。そう言いながら久しぶりに腹筋したら全然できなくなっているし、その上後でひどい筋肉痛が・・・まあゆっくりと

新元号、新年度、開院5周年

 4月1日に新元号が「令和」と決まった。決定するまでの話や名前の由来がいろいろあるらしいが難しいことはさておき、今回発表会見で聞いた第一印象は違和感なく受け入れやすいと思った。前回平成の時もテレビで発表会見を見たが、そもそも崩御されてから時間が無いためばたばたと慌ただしい発表だった印象があるが、今回は余裕がある分受け入れやすかったのかもしれない。実際の改元は5月1日からだが今回の新元号発表は新年度の時期とも重なったので新たな物事をスムーズに受け入れやすい時期だったということもあるかもしれない。改元後も平和な良い時代となって欲しいな。
 新年度と言えば当院では毎年4月はスタッフみんなで記念写真。今回も例年通りスタッフみんなで撮りました。しかし個人的にいつもと違うのは今年に入ってからの病気のこと。病気が分かってから体感する時間経過がとても長く、この4月へもやっとたどり着いたといった感じ。それだけに無事新年度を迎えられたことは正直感無量である。さらにこの4月で当院は5周年を迎える。開業当初は初期のブログにも書いたがいろんな事が落ち着かなくて一日一日がとても濃密だった。それから徐々に軌道に乗ってくると時間がスムーズに経過するようにはなっていたが仕事も忙しくなりばたばた。そしてこの病気である。なかなか無難な人生は歩ませてくれないらしい。自分の性格のせいも多分にあるが・・・
 前のブログにも書いたように治療も順調に効果がみられ体調も少しずつ良いようである。もうちょっと前から不定期ながら外来診療をちょこちょこ再開しているが、会う患者さんも僕のこと知ってるから僕が「お大事に」と言う前に患者さんの方から「お大事に」と言われてしまい恐縮。まだまだ今の状況で時間かかると思いますが、今年度も当院をよろしくお願いいたします。
それとやっぱりせっかくの5周年記念だからスタッフと大きな事は出来ないけどパーティーはしよう。

 

/
ページトップへ戻る